CPRM対応DVD-Rディスクのご使用に関して

2004年4月より、不正な再利用の防止を目的に、BS/地上デジタルテレビ放送にはデジタル録画を制限するコピー制御信号が含まれるようになりました。このような番組をデジタル録画するDVDは、CPRM(Content Protection for Recordable Media:記録メディア用著作権保護機能)という規格に対応している必要があります。

ただし「CPRM対応DVD-R」は、後発の規格であるため、旧型のレコーダーの場合、CPRM対応機器であっても「CPRM対応DVD-R」には未対応の場合があります。未対応の機器で「CPRM対応DVD-R」をご使用になりますと、機器およびディスクが故障および破損する場合があります。録画/再生には必ず「CPRM対応DVD-R」に対応した機器をご使用ください。

ご使用になる機器の対応状況は、機器メーカーにご確認ください。


■「CPRM対応DVD-R」にデジタル放送を録画する場合は、VRモードでの録画に限られます。

録画モード対応一覧:DVD-RのCPRMに対応したレコーダーの場合
アナログ放送 (コピー制御なし) VRモード
ビデオモード
デジタル放送 (コピー制御あり) VRモード
ビデオモード ×


ページのトップへ戻ります