知っておきたいディスク用語が満載!CD・DVD・Blu-ray ディスク用語集

ファイナライズ

主にビデオモードで録画したDVDディスクを他のDVDプレーヤーなどで再生できるようにすること。ビデオモードによって記録されたディスクは、ファイナライズ処理を行ってはじめて市販のDVDソフト同様のDVD-Video規格のディスクになる。追記禁止処理の意味もある。
またDVD-RWでは、ファイナライズ解除をすれば、再び録画や編集ができるが、DVD-RおよびDVD+Rの場合は一度ファイナライズを行うと解除することができず、未使用領域があっても追記できなくなるので注意が必要。

関連用語 : DVD-Video   DVD-R   DVD-RW   DVD+R

ファームウェア

記録型ドライブなどに搭載されている動作プログラムのこと。書き換えることで不具合を修正したり、新しい機能を追加できるため、ハードメーカーによるアフターサービスとして配布されるケースが多い。デジタルチューナー付きのBD/DVDレコーダーやテレビでは、電波によってバージョンアップできる機種が一般的で、機能の拡張など多くのメリットが享受できる。

フォーマット(初期化)

未使用のディスクをハードウェアで使用できるようにするための形式や作業のこと。また、書き換え可能なディスクのデータをすべて消去し、初期状態に戻す作業もフォーマットと呼ばれる。

ブルーレイディスク(Blu-ray Disc/BD)

ブルーレイディスク(Blu-ray Disc/BD)

CDやDVDと同サイズのディスクでありながら片面1層で25GBの大容量を実現した記録メディア。青紫色レーザーを使用していることからブルーレイと呼ばれる。略称はBD。CDやDVD同様、一度だけ記録可能なBD-Rと書き換えが可能なBD-REがある。

関連用語 : BD-R   BD-RE   2層ディスク

ブロックノイズ

B再生画像の一部にモザイクがかかったような四角い歪みが現れる現象。ディスクの記録面に汚れや傷がついた状態で記録を行った場合や、再生機器のピックアップレンズに汚れが付いている場合にもブロックノイズが発生することがある。特に記録前のディスクには、傷や指紋などの汚れをつけないように気をつけたい。

ベアタイプ(ベアディスク)

カートリッジに入っていないディスクのこと。主にブルーレイディスクで使われる呼称で「ベアディスク」とも呼ばれる。ブルーレイディスクは2003年当時はカートリッジ入りだったが、記録面のハードコート技術の確立によって2005年にベアタイプが規格化。以後はカートリッジなしのベアタイプが主流となっている。

関連用語 : ブルーレイディスク

TOPへTOPへ
アルファベットamp;50音から探す
TOPへTOPへ

Copyright Imation Corp.
TDK Life on Record ロゴはTDK株式会社の商標です。
TDK Life on Record ロゴは、TDK株式会社からの商標ライセンスに基づいて使用しています。
その他、記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページのトップへ戻ります