知っておきたいディスク用語が満載!CD・DVD・Blu-ray ディスク用語集
HD画質(HDTV)

HD画質(HDTV)

デジタル放送の画像方式(HDはHigh Definitionの略)。従来のテレビ画面(SD画質)に比べ、走査線(テレビ画面を水平に走る線)が大幅に増えており、大画面になっても35mm映画なみの臨場感あふれる高精細画像を楽しめる。また、画面の縦横比が人間の視野に合わせて従来の4:3よりも横長な16:9になっているのも大きな特徴。日本国内では、走査線が750本の映像が「ハイビジョン」、1125本の映像が「フルハイビジョン」の愛称で呼ばれている。(ハイビジョン放送はNHKエンジニアリングの商標です)

関連用語 : SD画質 ハイビジョン

HD Rec

DVDフォーラムで策定された、ハイビジョン放送をHD画質のままDVDに録画するための規格。MPEG-2の倍以上の圧縮効率を実現したMPEG-4の技術が採用されている。CPRM対応DVDディスクでの録画・再生ができる。ただし、別規格となるAVCREC(TM)との互換性はない。

※HD Rec対応メディアについてはご利用のレコーダーの製造元へ直接ご確認ください。
※CPRMに対応していても一部利用できないディスクがあります。

関連用語 : AVCREC(TM)  DVDフォーラム   ハイビジョン   HD画質  MPEG-2  MPEG-4  CPRM

HDV(High Definition Video)

DV(Digital Video)やminiDVなどのビデオテープで、HD画質の記録・再生ができるように開発されたMPEG-2圧縮による映像規格。有効走査線数1080 本のインターレス方式(1080i方式)の信号に対応している。HDV対応ビデオカメラとパソコンの接続にはIEEE 1394(i.LINK/FireWire)が使われる。

関連用語 : HD画質  MPEG-2

TOPへTOPへ
アルファベットamp;50音から探す
TOPへTOPへ

Copyright Imation Corp.
TDK Life on Record ロゴはTDK株式会社の商標です。
TDK Life on Record ロゴは、TDK株式会社からの商標ライセンスに基づいて使用しています。
その他、記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページのトップへ戻ります