DVDのキホン

DVDのギモンを解決!

TDK Life on Record
本文へジャンプ

記録用DVDの種類

「DVD-R/RW/RAM」や「DVD+R/RW」の「-」と「+」ってどういう意味?

「DVD-R/RW/RAM」の「-」は「DVDフォーラム」で、「DVD+R/RW」の「+」は「DVD+RWアライアンス」で策定された規格(フォーマット)。

「-」は「DVDフォーラム」で、「+」は「DVD+RWアライアンス」で策定された規格(フォーマット)。

DVD-R/-RW/-RAMは「DVDフォーラム」で、DVD+R/+RWは「DVD+RWアライアンス」という団体で策定された規格です。記録と再生の基本的な仕組みは同じですが、録画や記録を行なう場合は、それぞれの規格に対応した機器を使用します。ただし、再生は相互の機器で可能です(一部機種では再生されない場合があります)。

ページのトップへ戻ります