TDK Life on Record
本文へジャンプ

DVD活用編

使用時のトラブルに関して

使用時のトラブルに関して

Q.  DVDディスクに記録できません

A.   まず、ディスクが再生専用ではなく、「PCデータ用」か「録画用」であることを確認しましょう。続いて、自分のハード(DVDレコーダー/ドライブ)が対応しているDVDの種類(R/RW/RAM、+/−)を確認します。また、ハードに対応している記録速度のディスクかどうかを確認しましょう。ハードの最高記録速度を上回る対応速度が表示されているディスクの場合は、使用することができないケースがあります。これらの問題をクリアしていてもディスクに記録できない場合は、メーカーのサポートに問い合わせましょう。

Q.  DVDディスクに追記ができません

A.   ディスクの空き容量以上のデータを追記しようとした場合は、追記が行なえません。また、他のハード(DVDプレーヤー/レコーダー/ドライブ)で読めるようにするための「ファイナライズ処理」を行なった後は追記することはできません。後からデータを追加することが前提の場合、ファイナライズ処理は行なわずに記録し、これ以上追記を行なわないという段階でファイナライズ処理を行ないます。

Q.  印刷可能なDVDディスクにキレイに印刷できません

A.   印刷する際に、プリントソフト(プリンタドライバ)の「用紙の種類」が正しく設定されているかを確認しましょう。詳しくは製品のインデックスをご覧になるか、プリンタ発売元に確認してください。

Q.  パソコンで録画したDVDがDVDプレーヤーで見られません

A.   ご使用のDVDプレーヤーに対応したディスク(R/RW/RAM、+/−)か、確認しましょう。DVDプレーヤーで再生できるようにするには、DVDプレーヤーが対応しているディスクにDVDビデオフォーマット録画し、ファイナライズを実行してください。なお、単に動画ファイルを記録しただけといったような、DVDビデオフォーマットで作成されていないディスクは再生することはできません。

Q.  DVDレコーダーで録画したのにDVDプレーヤーで見られません

A.   録画したディスクの種類(R/RW/RAM、+/−)や録画モードが、ご使用のDVDプレーヤーに対応しているかどうかを確認しましょう。また、再生互換性が高いDVD-Rであっても、ファイナライズ処理が行われていないディスクは再生することができません。このような場合は、ファイナライズ処理を行なうと再生することができます。

ページのトップへ戻ります