TDK Life on Record
本文へジャンプ

DVD活用編

困った時のFAQ

取り扱いに関して

Q.  データを長持ちさせるにはどうしたらいいですか(保存方法は)?

A.   ・ 長期保存する場合には高温・多湿を避けて、直射日光に当たらない場所に保管しましょう。
   (DVD-RやDVD+Rディスクでは、紫外線が長時間当たるとエラーの原因になります)
・ ディスクはケースに入れて保管しましょう。(ホコリの付着や反りの防止、光を防ぐことができます)
・ ラベルを貼ったり、水やアルコール、シンナー、コーティング剤などの有機溶剤を使用しないでください。

一番避けたいのは、真夏に車のダッシュボード/シート上にディスクを放置すること。紫外線の影響と共に車内は高温になるため、熱でディスクが変形することがあります。

Q.  データの寿命はどれぐらいですか?

A.   ディスクの寿命は、通常の使用環境で10年を上回ります。これは、温度や湿度などを大きく変化させて自然環境の10年分を上回るストレスを与える加速試験を行ない、その結果から導き出されたものです。通常の使い方であればあまり寿命を気にすることはありませんが、保管環境に大きく左右され、特にDVD-RやDVD+Rディスクの記録層に採用されている有機色素は、紫外線による影響を受けるため、直射日光が当たる場所に放置した場合、寿命が極端に短くなってしまう場合がありますのでディスクの保管には十分注意しましょう。

Q.  DVDディスクに印刷してもよいのに何でラベルを貼ってはいけないのですか?

A.   DVDディスクには、きわめて高い精度が要求されます。このため、ディスクの一部分にラベルを貼ると重量バランスの崩れや反りの発生で、ディスクが高速回転した際に回転ブレが発生し、これが読み取りエラーの原因になります。また、ハード(DVDレコーダー/ドライブ/プレーヤー)の内部でラベルがはがれた場合は正常に回転できないばかりか、ディスクが取り出せなくなるなど故障の原因となってしまいます。さらに、温度・湿度などの影響によるラベルの伸縮によって、ディスクの反りが発生し読み取り不良の原因となります。ディスクにはラベルを貼らないようにしましょう。

Q.  DVDディスクのレーベル面に記入するときはどんな筆記用具を使えばいいですか?

A.   レーベル面にタイトルなどを書き込む場合、ボールペンや鉛筆などペン先が硬いものは避け、フェルトペンなどペン先が柔らかい油性の筆記用具で手書きをするか、熱転写式のプリンタを使い印刷してください。あるいは、インクジェットプリンタ対応のDVDディスクを使用して、インクジェットプリンタでディスク印刷面(レーベル面)に直接印刷しましょう。

Q.  DVDディスクの記録面(裏面)に指紋がついてしまったら、どうすれば良いですか?

A.   DVD対応のクリーニング製品や乾いたやわらかい布(メガネ用のクリーニングクロスなど)を使用して、ディスクの中心から外側へ、放射状にふき取ってください。

Q.  市販のクリーニング液でDVDディスクを拭いても大丈夫ですか?

A.   必ずDVD対応のクリーニング製品を使用して、ディスクの中心から外側へ、放射状にふき取ってください。

Q.  不要になったDVDディスクはどうやって捨てれば良いの?

A.   お住まいの地域の廃棄処理規定にしたがって適切に廃棄してください。

ページのトップへ戻ります