DURABISとは?

DURABIS(デュラビス)とはTDK株式会社により開発され、2002年に世界で初めてDVDディスクに採用された、記録ディスク用ハードコートの技術名称です。信号記録面を保護し「かけがえのないコンテンツを守る」という発案のもと、DVD「超硬」シリーズに採用。明確な耐久効果のあるハードコートを持つ光ディスクとしては、これが世界初の商品となり、「キズに強い、ヨゴレに強い、ホコリに強い」のコピーワードとともに、DVDやBlu-ray Disc製品に採用されてきました。

DURABIS DURABISの語源は、DURABILITY(耐久性)とSHIELD(盾)の造語で、ロゴマークは頭文字の「D」と、ディスク面を覆っている様子をデザイン化したものです。

DURABISの果たした役割

光ディスクは、記録・再生にレーザー光を使います。もしディスクの記録面にキズが付いたり、指紋などのヨゴレが付着した場合、レーザー光が正しい位置に照射できなくなり、正確な信号の書き込みや読み出しができなくなる可能性があります。場合によっては大切なデータを失ってしまう恐れもあります。
DURABISの開発の目的は、キズや指紋などからディスクの記録内容を守ること。そしてそれは材料技術、製造技術によって実現されました。

ブルーレイディスクのカートリッジレスに貢献したDURABIS

DVDに比べ格段に高密度記録を可能とするブルーレイディスクにおいて、記録面のキズ、ヨゴレによる影響は、DVD以上に大きくなります。本来、青紫色レーザーによる高密度記録の時代を想定して開発に着手されたDURABIS技術は、Blu-ray Disc Founders(現、Blu-ray Disc Association)に迎えられ、カートリッジのない現在のブルーレイディスクの規格化がスタートしました。

用途別に最適化されたDURABIS

DURABIS 1:
一般ユーザーの幅広い使用環境を想定したハードコート技術。
DVD用として用いられています。

DURABIS 2:
より記録マークが小さいブルーレイディスクを対象にしたハードコート技術。

DURABIS PRO:
放送用など、プロ用光ディスクのためのハードコート技術。

※DURABISおよび関連するロゴはイメーション社の商標です。

ページのトップへ戻ります