• TOP
  • ブルーレイを使おう : テレビ録画で使おう!

テレビ録画で使おう!

保存したい映像はディスクにすぐ書き込もう!

ハードディスクにデータをためすぎると、どこに何があるかわからなくなったり、無理にデータを詰め込むことでせっかくの高画質が保てなくなることも…。大切な映像はハードディスクにためないで、すぐブルーレイディスクに書き込んでしまうのが整理のコツ!

保存したい映像はディスクにすぐ書き込もう!

録画モードを上手に使おう

ブルーレイには放送時の画質そのままで録画できる「標準(DR)モード」や、データを圧縮することで1枚のディスクに長時間録画ができる「長時間モード」があります。録画する内容や用途によってモードを使い分けるのも、ブルーレイを上手に使いこなすコツ!

【参考】ブルーレイディスク1枚の録画時間目安はこちら

録画モードを上手に使おう

長時間モードに関しての注意点

長時間モードを使えば、1枚のディスクに録画できる時間が長くなってとっても便利。ただし、気をつけてほしい点があります。標準(DR)モードの規格は各社共通ですが、長時間モードの設定はレコーダーのメーカーや機種によってさまざま。長時間モードで録画した場合、録画した機器以外では再生できない可能性があるので注意が必要です。幅広い機器での再生など互換性を考えると、DRモードでの録画が安心です。

ブルーレイならではの「おまとめ保存」

ブルーレイディスクの容量を上手に活かせば、 ディスク1枚にドラマ全10話や映画3部作、スポーツイベントなどをまるごと録画することも可能。長時間モードや2層ディスクを上手に使って、ブルーレイディスクならではのアーカイブをつくってみませんか?

スポーツイベント、ドラマ全話、映画3部作、アニメシリーズ etc… 1枚にまるごと保存!
TDK Life on Record のブルーレイディスクは、どんな機器にも対応OK!
  • 録画用BD-R
  • 録画用BD-RE
  • データ用BD-R
  • データ用BD-RE
ページのトップへ戻ります