• TOP
  • ブルーレイを使おう : 使える!ブルーレイディスク

使える!ブルーレイディスク

ブルーレイディスクの種類は、BD-R/REだけ!

ブルーレイディスクの種類はBD-RとBD-REのみ。ただし、いずれも2層ディスクがあり、BD-Rには高速記録が可能なタイプもあるので、用途に合ったものをどうぞ。

1回記録用のBD-Rとくり返し記録用BD-RE(写真はいずれも録画用ディスクです) 1回記録用のBD-Rとくり返し記録用BD-RE
(写真はいずれも録画用ディスクです)

BD-Rは追記が可能!

BD-RはBD-REのような書換え型メディアではありませんが、「追記」は可能です。
ディスク容量の残りの部分にデータを追加していくことができます。
大容量が自慢のブルーレイだけに、追加でデータを書き込めるのはうれしい限り。
容量いっぱいまでデータを書き込んで、ディスクを有効に使いましょう。

※ 追記禁止処理をすると残容量があっても、それ以上の追記ができなくなります。

ブルーレイなら2層ディスクが気軽に使えます!

ブルーレイディスクでは、開発当初から2層ディスクが規格化されていたため、ほとんどの機種で2層ディスクが使用できます。

※くわしくはお持ちのレコーダーやドライブの取り扱い説明書をご覧ください。

ブルーレイなら2層ディスクが気軽に使えます!

レコーダーでもパソコンでも、ブルーレイなら操作がカンタン!

  • レコーダーで
    録画用DVDでは必須だったファイナライズ
    *1が、ブルーレイディスクでは不要!

  • パソコンで
    パソコンで使う場合にも、ハードディスク感覚でデータのコピーや移動が可能です。
    *2

*1 ファイナライズとは、CD-RやDVD-Rなどのメディアを、記録した機器以外のプレイヤーでも再生できるようにするために行う最終処理のこと。

*2 標準フォーマットUDF2.5/UDF2.6に対応したソフトが内蔵されていることが条件となります。

※ くわしくはお使いの機器の説明書などをご確認ください。

TDK Life on Record のブルーレイディスクは、どんな機器にも対応OK!
  • 録画用BD-R
  • 録画用BD-RE
  • データ用BD-R
  • データ用BD-RE
ページのトップへ戻ります