• TOP
  • ブルーレイを使おう : パッケージのココをチェック!

パッケージのココをチェック!

選び方のポイントをピックアップ!

ブルーレイを上手に活用するためのディスク選びのポイントをチェック!

ブルーレイを上手に活用するためのディスク選びのポイントはコレ!

  • [ ポイント1. ] まずはニーズにあわせて録画用かデータ用かを選ぼう
    ブルーレイディスクも録画用データ用がありますので、まずは用途で選びましょう。
    TDK Life on Recordブランドでは、デジタル放送録画が可能なディスクに録画可能時間の表記や各種デジタル放送のロゴを記載しています。

  • [ ポイント2. ] 次にBD-R(1回記録用)かBD-RE(くり返し記録用)を選択
    BD-Rは一度記録したデータは消えないので、ライブラリの保存などに最適。
    BD-REはくり返し使えるので、一時的な保存にオススメ。

  • [ ポイント3. ] 書き込み時の記録速度もしっかりチェック
    BD-Rは1-2倍速、1-4倍速、1-6倍速対応ディスクあり。
    BD-REは1-2倍速対応ディスクのみ。
    (2009年10月現在)
    ※各機器への対応状況は、お手持ちの機器の取り扱い説明書などでご確認ください。

  • [ ポイント4. ] レーベル面に印刷したいなら、プリンタ対応も確認しよう
    インクジェットプリンタ対応ディスクなら、オリジナルデザインのディスク作りが楽しめます。

  • [ ポイント5. ] DL(2層)ディスクなら、さらに大容量
    DL(2層)ディスクの容量は、通常(1層)ディスクの2倍。
    50GBものデータ保存が可能!


パッケージ裏面にはBlu-ray Discナビが付いています。
TDK Life on Record のブルーレイディスクは、どんな機器にも対応OK!
  • 録画用BD-R
  • 録画用BD-RE
  • データ用BD-R
  • データ用BD-RE
ページのトップへ戻ります